連日、吐き気と頭痛、筋肉痛のような全身の痛みが続いてる。

この不快感の中で、生きてる理由がどこにある。

この苦痛に耐えてあと30年生きた場合と、今日で終わりにした場合とで、何か違いがあるだろうか。

今日死ぬのと、今から30年前に死んでいたのとで、自分の人生に対する評価は変わっただろうか。

結局、誰の記憶にも残らない。

記憶に残ったとして、何の意味がある。

何かを思っても、すべて自分の主観でしかない。

自分の主観の中に、大切にしたいものが何もない。

出典:自分 
そんなことを考えていたら、たまたま以下の曲の歌詞を思い出した。


嫌になった運命を ナイフで切り刻んで
もう一度やり直したら キミに出会えないかも

どんなに運命が悲惨でも、もう一度キミに会うためだったら、受け入れる。

そんな意味だと思うが、
アニメ ソード・アート・オンラインを見たことがないと世界観がわかりづらいだろう。
仮想現実技術の発達した近未来、ただのオンラインゲームのつもりでログインしたら、
本当のサバイバルゲームに巻き込まれてしまったという話。

通常、オンラインゲームの中で死んでも、ログアウトされて現実に戻るだけだが、
このゲームの場合、ゲーム内で死亡することで、現実の肉体も死ぬことになる。

何の覚悟もないまま、このサバイバルゲームに巻き込まれた1万人のプレイヤーが、
唯一助かる方法はゲームをクリアすること。

約2年もの間、プレイヤー たちは仮想現実のゲーム世界で暮らすことになる。
命を懸けてゲームクリアを目指す者もいれば、
現実への帰還を諦めて、ゲーム世界の中で暮らして行こうとする者もいる。

引用した歌詞はおそらく主人公の少年の心境。

ゲームの中で大切な人と出会って、その人と生還することを誓う。

僕の声が響いた瞬間に始まる 命のリミット 心臓がカウントしてる
叶えても叶えても 終わらない願い
汗をかいて走った 世界の秒針は いつか止まった僕を置いていく
あと何回キミと笑えるの?
試しるんだ 僕を Catch the Moment

これはゲーム内での命がけの戦闘に対する心境だろう。
叶えても終わらない願いとは、生き残ることを指してる。

いつ死ぬかわからない状況で生きていれば、
当然、「あと何回キミと笑えるの?」と思うだろう。

ゲームの初番、自分のミスで仲間を失った主人公は、
この世界で大切な者を持つことを恐れている。

一個幸せを数えるたびに 変わっていく未来に怯えてしまうけど

愛情の種を大切に育てよう
分厚い雲も やがて突き破るかな
(中略)
何もないと思ったはずの足元に いつか深く確かな根を生やす

引用:LiSA Catch the Moment 歌詞より

・・・歌詞までそんなしっかり聴いてなかったけど、
よく読んだら、すごくいい歌詞だ。

ソード・アート・オンラインは、基本的には、俺つえー系のハーレムアニメである。
だから、現在公開中の映画「オーディナル・スケール」も観に行くほど興味は持っていない。
しかし、ところどころに挟んでくるエピソードは、
ベタだけどなかなか泣ける、面白いアニメである。 

DVD出たら、観ようかと思う。
 

スポンサードリンク